業界用語辞典業界用語辞典

ホーム / 業界用語辞典 / 初乗距離短縮運賃

初乗距離短縮運賃

はつのりきょりたんしゅくうんちん - タクシー料金

通常の初乗距離を短縮し、初乗運賃額も短縮した距離に見合う金額に引き下げたタクシー運賃のこと。
近距離利用者の利便向上を図ることを目的に、タクシー運賃の規制緩和の一環として、一部の地域で1997年4月から導入された新しい制度。

例えばA地区の小型車が、現行の初乗距離1.5km、初乗運賃が560円の場合、半分の750mとなり、初乗運賃額が320円になる。
ただし、現行の初乗距離1.5km以後の運賃は現行の運賃と同じになる。
地域によっては必ずしも半分の距離・運賃になる訳ではなく、通常の初乗りより多少距離が短縮され、通常の初乗り料金よりも安く設定された運賃体系で運営している場合もある。
この制度により身体の不自由や、近距離利用者が気軽にタクシーを利用できるようになった。

追加情報の投稿 ]


関連する用語

関連する用語は見つかりませんでした。


もっと探す

50音で用語を探す

キーワードで探す

表示:   PC版