業界用語辞典業界用語辞典

ホーム / 業界用語辞典 / 福祉車両

福祉車両

ふくししゃりょう - いろんなタクシー

車椅子や寝台を積める構造になった車両のこと。どちらか片方しか積めないタイプや兼用のタイプもある。
更に、座席が回転して車椅子から移乗し易くなった車両も広義の福祉車両に入るだろう。

初めて福祉タクシーに軽自動車を使うことが認められた。
車高が低くスロープ装備のため車椅子での乗降がしやすく、車両が小さいため女性でも運転しやすく、玄関先まで乗り入れられるなどの利点がある。運賃は小型車用を適用。

欧米先進国では人口比で福祉車両の台数が多い。ロンドンではタクシーの代替時には必ず車椅子積載可能の新型車両が義務化されている。
この新型の日本での販売価格は一台600万円もする。日本も2000年にバリヤフリー法案が可決されて以来、年々福祉車両を用意するタクシー会社が増えているが、採算的にはどこも赤字のようである。
外国では、自治体が多額の補助金を出して、障害者の外出を援助している。今後は日本でもそれが当たり前になるだろう。

追加情報の投稿 ]


関連する用語

関連する用語は見つかりませんでした。


もっと探す

50音で用語を探す

キーワードで探す

表示:   PC版